読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なんかいらない?田舎の公立高校から大阪大学へ

塾なんかに通わなくても大阪大学に合格できる!自分の経験を受験生を持つ保護者の方へ伝えます。

私の小学生時代

生い立ち
 塾に行かなくても、大阪大学までいくことができた、 という経験を綴っていきたいと思っていますが、ちょっと教育論みたく、話がそれたので、ここで軌道修正をします。
 
 まずは、小学生あたりから、私の人生?を振り返ってみます。
 
 
 私は三人兄弟の三男として生まれました。
 
 父親第二次世界大戦の混乱の中、高校に行くこともできず、中学を卒業してすぐに働きだしていますが、自分で稼いだお金で地元高校の定時制に通っていました。定時制の中でも年長だったようでリーダー格としていろいろ悪さをしたりして楽しんでいたようですが・・・・
 母親は地元の高校で洋裁や和裁などを習っていたようです。
 
 特に父親は高校に行きたかったのに家庭の都合で満足に勉強ができなかったということもあり、自分の子どもたちには十分な教育を受けさせてやりたいとの思いが強かったようです。
 
 私はというと、地元の公立小学校に通いました。
 私が通っていた小学校は、地元でも有数のマンモス校で、1学年に40人以上のクラスが5クラス・・・つまり、1学年で200人以上、学校全体では6学年で1200人以上いたことになります。
 
 
 小学校の時、気がついたら習慣的に勉強をする癖がつけられていました。
 このことについては、将来にわたり勉強をすることが当たり前のことになり、大学進学につながったものであり母親に感謝しないといけないですが、当時の自分にとっては苦痛でしかなかったです。
 
 学校からは算数のドリルと漢字書き取りのドリルの2つが与えられていましたが、それを毎日やっていました。ほんとうはずるをしてやりたくなかったんだけど、親にやらされていましたね。
 学年が進行していけば、理科や社会の勉強もしていたのかもしれませんが、全くと言っていいくらい勉強をした記憶がありません。でもやらないと何も覚えられないのでなにかしてたんでしょうね。
 
 低学年の時の記憶はあまり残っていませんね・・・まだ土曜日が休みでなかった時代でしたが、家族旅行のために土曜日を1日だけ休んだことや、よく風邪をひいて学校を休んでいたことは覚えていますが・・・
 
 中学年になると社会の授業で都道府県名と県庁所在地名を覚えたのは覚えていますが、あとはスーパーカー消しゴムがはやったとか、早く5年生になって鉄筋の校舎に行きたいと思っていました。
 
 6年生の時、当時の担任は児童間の競争をさせていました。
 小テストをするたびに、点数を積算していきます。その積算結果、つまり小テストの合計点の上位10人を黒板に書き出していたのです。
 40人以上いるクラスですから、この競争に参加できているのは上位10人とそこに入り込もうとする数人だったと思いますが、その10数人は小テストのたびに一喜一憂している声が聞こえていたのを覚えています。
 あと、悪さをすると竹でつくった差し棒で頭を「かつーん」とたたかれていました。授業を聞いていなくて廊下に机ごと放り出されたこともありました。放り出された廊下でひとりで本を読んでいると校長先生がにこにこしながらやってきて、「怒られたかぁ〜(笑)」といって歩いていったのを覚えています。
 今ならすぐに「体罰だぁ!」と問題になるでしょうが、当時は当たり前のことでした。
 
 このときの担任は今でもつきあいがあります。私の子ども達が小学校だったとき、ひょうんなことからPTAの役員をやっていたのですが、この担任がその小学校の校長OBだったこともあり、「自分の教え子が親の世代になってまた再会できた、しかも自分が校長をした学校で」と非常に喜んでもらいました。
 
 と、特段変わった生活を送ったわけでもないですが、前にも書きましたが、親に、毎日勉強するのが当たり前の環境を作ってもらったのは、ありがたかったです。

勉強にご褒美はダメなのか?

ネイティブイングリッシュ

 子どもに勉強をさせるのに苦労しますよね
 
 前にも書きましたが、勉強が習慣になればそれなりに勉強はしてくれます。
 でも、ともすればどうやって手を抜こうかいつも考えています。
 
 その時に大人が気がつき、もとの習慣に戻してやれば簡単に戻ってくれます。
 そうすれば、あとは子どもに任せておけばいいです。
 
 前回のブログにも書きましたが、負けず嫌いな子については、ちょっときっかけを作ってやればやってくれるはずです。
 
 問題は、どうしてもなかなか勉強の習慣がつかない子です。
 勉強をしない子に「勉強しなさい!」と言ってももっとしなくなります。
 となると、・・・最後の手段、そう、ご褒美です。
 
 勉強することにご褒美を出すことについては、いろいろな人が否定的な意見を出しています。ご褒美がなければ勉強しなくなるとか、要求がどんどん高くなっていくとか・・・
 
 やり過ぎはよくないと思いますが、私は、ご褒美があってもいいと思います。
 結局は、ご褒美があろうがなかろうが、今勉強しないと、将来も勉強なんかしないんです。
 
 であれば、今勉強するための手段を考えた方がいいと思いませんか?
 
 あとは、ご褒美の与え方だと思います。子どもが勉強し、学力が向上する与え方はどうすればいいのか・・・
 
 
 
 ご褒美の与え方として、どっちがいいと思いますか?
 
 A.次のテストで80点取ったら好きな物を買ってあげる
 B.テスト勉強を2時間頑張ったらおいしいケーキを食べに行く
 
 テストでいい成績をとってもらうほうが親としてはうれしいのかもしれませんが、ご褒美の与え方としてはBのほうが正解です。
 
 Aの例は、テストの結果という「アウトプット」に対するご褒美であり、Bの例は、テストでいい結果を出すために勉強するという「インプット」に対するご褒美になります。
 当然、子どもにとってはBのインプットに対するご褒美のほうが身近な目標であり、勉強に対する取り組みやすくなります。
 Aのアウトプットに対するご褒美は、そのご褒美をゲットするために計画的にできる子どもなら意味があるでしょうが、そんな子はご褒美がなくてもできましす。そうでない子にとっては、遠い目標であり、親にとってもどこまでできているんだか、と心配の種にしかならないと思います。
 
 結果としてインプットの積み重ねが学力の向上につながり、テストの点数というアウトプットへとつながるのです。
 
 このことは、私の持論ではなく、大学生のときに先輩に言われたことです。その時、なるほどと思って聞いたのを今でも思い出します。
 
 このブログを書きながらインターネットをブラウジングしていると、『「学力」の経済学』(中室牧子/ディスカヴァー・トゥエンティワン)という本を見つけました。
 まさに、このご褒美のことが書いてあります。またほかにも、世の中でまことしやかに言われていることが、科学的根拠にもとづき論破されています。
 いわゆるニセ科学ってやつですね。
 今一度読んでみるとおもしろいです。

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 

子どもの性格と学習習慣

学習習慣をつける上で、子どもの性格を的確に把握し、それを上手に利用してやることは重要だと思います。
 
おっとりしたのんびり屋さんもいれば、負けず嫌いな子もいます。
 
負けず嫌いな子は簡単かもしれません。
ひとり、ライバルになる友達を見つければいいのです。
「A君には絶対に負けたくない」という友達がいればその子が目標になります。
 
スポーツでもそうですが身近に目標となるものがあれば、がんばれるものです。
 
A君に負けたなら、「A君にまけないようにがんばろうね」
A君に勝ったなら、「もっとがんばらないとA君にすぐに追いつかれるよ」
 
と自尊心をくすぐってやればいいのです。
 
ただ、あまりに競争をあおるのはかわいそうだと思います。たまに話題にして子どもに気づかせてやるだけで十分だと思います。
子ども達自らが競争するのはいいと思いますが、親がA君をネタとしてあおりつづけるのはいかがなものかとも思います。
 
何事もほどほどが一番です。
 
 
のんびり屋さんのほうが面倒かもしれません。
我が家の息子もどちらかというとそのタイプです。
 
目標となる友達を見つけて、そらっ、負けてるぞ、とハッパをかけても、「どうせ奴には勝てないから」と前を向こうとしません。こういう性格の子どもをやる気にさせるのはなかなか大変です。
小学校の入学当初から、毎日宿題をやることと、親が一緒になって宿題の○付けをやっていたおかげで、宿題はやる習慣がついていましたが、そこからさらに進んだ家庭学習まではなかなかできませんでした。
 
ただ、また低学年の時に経験した、磯の生きものの観察会への参加により、生きものに興味をもち、そこから理科への興味へと発展し、中学生になっても理科が得意になっています。
 
中学生となった今は、それなりに負けん気が出てきており、ライバルになる友達もおり、テストのたびに点を競い合っているようですので、もうほったらかしで十分だと思っています。
 
何に興味を持つのかはわかりませんが、このような性格の子ども達には粘り強く働きかけていくしかないのかもしれません。
 

ネイティブイングリッシュ

やる気スイッチ

ネイティブイングリッシュ

 どこかの学習塾のCMで「♪ やれば〜できる子 DYK ♪」と流れていたのを思い出しますが、勉強は、誰でもやればできます。効率的な勉強法はあると思いますが、勉強に近道はないと思っています。
 
あとは、子供たちはの「やる気スイッチ」を探してやること。
 
でもそれが難しいですよね。
人間誰でも楽な方がいいに決まっています。
 
 今年こそダイエットに挑戦し10kgやせるぞ、運動不足だから毎日3km走るぞ、・・・・みなさんも今までに何かに挑戦したことがあったと思います。
 
そして、きっと1度は失敗したことでしょう(笑)
 
 
 大人だって、よほどの覚悟がない限り楽なほうに流れてしまいます。
 
 ましてや子供たちが自ら進んで苦行である勉強をするでしょうか?
 しませんよね?
 
 ちきんと勉強をするようになるには、いくつかキーになることがあると思っています。
 
 子どもの性格だったり、日常生活における習慣だったり、将来の目標だったり・・・といろいろあると思います。
 
 私が思うことについてひとづつ検証してみたいと思います。
 

習慣づけ

 
親が苦労することなく、子どもに勉強させるには・・・・一番いいのは小学校からの習慣づけです。
 
小学校入学と同時に、学校では家庭学習の習慣のため、宿題がだされます。
この宿題をきちんとこなしていくことが習慣づけの第一歩です。
各家庭の事情により、家に帰っても保護者の方がいらっしゃらないこともあると思います。
放課後児童クラブを運営している地域もあると思うので、それを利用するのもありだと思います。
 
まずは、学校が終わって家に帰ったら、遊ぶ前に宿題をさせることを習慣づけることが大切だと思います。
放課後児童クラブに通っている人はそこでしっかりと宿題をするくせをつけるといいでしょう。
 
我が家の子ども達は、この遊ぶ前に宿題というのを徹底させた結果、毎日学習をする習慣ができました。
 
しかし学年が進行すると、いろいろな遊びを覚え、親の目を盗んで遊ぶということも覚えてきます。
そこで、どれだけ学習習慣に引き戻すことができるかが鍵になると思います。
 
そこは子どもの性格など関係してくると思います。

ネイティブイングリッシュ

塾だけじゃない、選択肢はたくさんある

受験 学習法

 このブログのタイトル「塾なんかいらない?」・・・・塾を否定しているものではありません。

 学力を伸ばすには、子どもの特性にあわせてすべきものであり、「塾」ありきではない、ということを言いたかったものです。
 したがって塾が一番適している子どもは塾に通えばいいのです。

 子どもが学力を伸ばす方法は一人一人違っていると思います。
 塾が良い子もいれば、家庭教師が良い子もいるでしょう。自分でこつこつできるのであれば通信教育もあります。学校の授業だけでいいという子もいるでしょう。
 何がその子にとって適切なのかを考えてやらないと、子どもも親もお互いにストレスがたまるだけで何の解決にもならないと思います。

 特に学年が進行し、学習内容が難しくなってくればくるほど、何が適正な学習方法かが重要になってくると思います。

 塾一辺倒ではなく、今一度立ち止まって考えてみることをお勧めします。

塾での経験

ネイティブイングリッシュ

 塾はいらないと言っていますが、実は塾に通っていました。
 
 といっても塾の「講師」としてですが・・・
 
 大学に通っていたとき、いろんなアルバイトをしました。
 大阪だったので、夏の高校野球大会の時、甲子園球場で警備のアルバイトや、スーパーの開店前の商品の陳列、工場での電気部品の製造など・・・
 日常的にやっていたアルバイトと言えば、塾の講師が多かったです。
 
 塾に通っていなかった自分ですが、やはり効率の良い塾の講師に飛びついていました。
 
 さて、塾はいらないと言っていた私が講師をしていた塾は、中学生が対象でしたが、いわるゆ進学塾ではなく、学校の補修的な学習塾でした。
 
 いくつかの塾で講師をしましたが、少ない塾で8人くらい、多いところで15人くらいの生徒がいました。
 8人って結構少ないと思うんですが、これでもなかなかしんどかったです。
 そうです、学力に差があるので、授業をしていて非常に教えにくいんです。
 
 数学を教えていたんですが、理解している子には簡単な問題でも、理解できない子は全くついていけていない状況になっていました。
 
 授業の最中に問題を解かせる時間を設けており、その時間に理解できていない子ども達をひとりひとり回ってポイントを説明したりしていましたが、理解できている子はすぐに解いてしまい時間をもてあましているような状況でした。
 
 別の学習塾でも同様の状況でした。その学習塾では講師と保護者の面談が行われていましたが、やはりその場でも、できる子どもの親からはもっと授業を進めてほしいと言われ、理解できていない子どもの親からはもっと丁寧に教えてほしいと言われ、困ったことがありました。
 
 もっと小さい塾でも同様の経験をしていたので、半分の人数にして解決するわけでもなく、塾側も経営のことがあるので、そのときの規模を維持しなければならず・・・・
 
 結局、みんなが納得できる解決策が見つからないまま終わってしまいました。
 

ネイティブイングリッシュ

だから塾はいらない

学習法 心構え

ネイティブイングリッシュ

 学校に通い、学年が進んでくると授業の内容が難しくなってきて、だんだんとついて行けなくなる子どもたちが出てきます。
 中学受験を目指している小学校では違うかもしれませんが、一般的な公立の小学校では、分数の計算だったり、ポイントになる時期はあるようですが、同じクラスの中でもばらつきが出ます。
 これが小学校高学年、中学校、高等学校と学年が進み、学習内容が難しくなればなるほど顕著になってきます。
 
 だからこそ、学校の授業が簡単でつまらない生徒はより高度な授業を求めて塾に通い、逆に学校の授業についていけない生徒は補習的な授業を求めて塾に通うという現象が起きていると考えられます。
 
 都市部のように人口が多く、需要(生徒数)が多ければ、生徒の能力に応じたクラス編成も可能になり、能力に応じた授業が受けられるかもしれません。
 しかしながら、地方都市では、ひとつの塾に集まる生徒はそれほど多くなく、教室形式で授業をした場合、かなりの能力のばらつきが生じざるを得ないのが現状です。
 
 このような環境の中で授業を受けたとして、学力は期待をしたような伸びとなるのでしょうか?
 能力が伸びるのは、現在ある位置よりも少しだけ上を目指してがんばったときだと思っています。そして目指した能力に達すればまた次の目標を掲げる。この繰り返しだと思っています。
 
 能力にばらつきがあるクラスで授業を受けたとしても、そのクラスの授業がピンポイントでヒットするレベルの子どもたちを除いては、簡単すぎて学力が伸びないか、あるいは難しすぎてついていけない、ということになります。
 
 このピンポイントのレベルにあった時だけ、ぐんぐんと力がついていくのではないでしょうか? 
 
 しかも、学力を定着させるには、授業を聞いているだけでは足りません。家庭学習により授業で理解したことを定着させる必要があります
 
 「塾に通っているに成績が伸びない」と嘆いている保護者の方、塾にいったら勉強ができるようになる、と幻想を抱いていませんか?
 
 学校で習ったこと、塾で習ったことを、自らの知識として定着するような学習をしない限り成績は伸びません。
 
 結局、塾に通ったとしてもそのあとのフォローが必要になるのです。
 だとすれば、自分に一番あった学習法で勉強することが一番いいと思います。
 
 教室式の学習塾でも、ピンポイントで子どもたちの能力が伸びるレベルの授業をしてくれるならすごく有効であると思います。
 そうでないならば、市販の問題集や通信教育など自らのレベルにあった勉強に時間を割くのが有効だと思うのです。
 市販の問題集もすべて解く必要はありません。わかっていることはとばせばいいんです。自分のレベルにあった問題だけやればいいんです。その上で、わからないことがあれば、昼休みでも放課後でも学校の先生に聞けばいいのです。
 
 実際、私がそうしてきました。これがブログのタイトルにもある「塾なんかいらない」といっている私の考えです。
 この考え方がすべてとは思いません。
 何度も繰り返しになりますが、自分にあった、子どもたちにあった学習法を見つけるのが一番であることには変わりないと思います!
 

ネイティブイングリッシュ