読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なんかいらない?田舎の公立高校から大阪大学へ

塾なんかに通わなくても大阪大学に合格できる!自分の経験を受験生を持つ保護者の方へ伝えます。

公立小学校でもiPadが・・・

 埼玉県戸田市が小学校4年生にiPadを貸与して算数のドリル学習をするそうです。

 記事によると「ドリルの解答結果から生徒の苦手な分野を分析できる」ってことのようですが・・・・

 小学4年生のレベルで機械のちからを借りないと、そんなことも分からないような教育レベルになっているのでしょうか?

 

 確かに昔に比べれば雑務に追われ、先生が教育にさくことができる時間は減っていると思いますが・・・・

 ついこの前までiPadのような機械はなかったんですけどね

www.nikkei.com

 ただ、iPadのような機械を全否定するものではないですし、上手に使えば有効なものだと思います。

 一番有効なのは調べ学習のような、アクティブラーニングに活用することでしょう。そのような使い方ができるのは、もう少し学年が進行してからでしょうし・・・

 

 算数の宿題やドリルに活用というのは・・・・税金の無駄遣いにしか見えないのは私だけでしょうか???

 

 

 

そうか!国公立大学の前期試験か!

受験 心構え
 昨日、大阪に出張で出かけました。いつもどおりJRの特急列車で出かけたのですが、普段よりかなり混んでいます。週末の金曜日は、大阪からの下りの電車は観光客で混み合うことはあるのですが、大阪へ行く上りの電車が混むことはあまりないので、何があるのだろうと・・・・
 
 駅構内を見ると、地元大学の学生がよろず案内所を開いていました。
 そうです。今日から国立大学の前期試験が始まるのでした。
 
 そう思って、改めて駅構内を見渡すと、受験生らしき若者の姿とその親と思われる人がたくさんいます。
 不安そうな顔をした子もいれば、晴れ晴れとした顔をした子もいます。
 
 不安そうな顔をした子の親を見ると、どことなく不安げな顔をしています。
 晴れ晴れとした顔をした子の親を見ると、笑顔が見えます。
 
 なんだかこの時点で勝負が決しているように思いました。
 
 子供には親の不安が伝わります。
 
 親が、どーんと大きく構えていないと子供も自信を失います。
 
 入試の前日になってから、あれやこれやと考えても焦るだけで逆効果です。
 
 いっそのこと、パァーと楽しいことをしてすっきりした気持ちで試験に臨むくらいのほうが力が発揮できると思います。
 
 試験は子供が受けるものですが、親の心構えも大切ですね。

はじめまして

あいさつ
こんにちは、はじめまして
タイトルを見てこのブログにたどりついた人は少なからず自分なり、家族なりが受験という人生の大きなハードルに直面しているのではないでしょうか?
 
実は私が大学を受験したのは約30年も前のことになります。今となっては懐かしい思い出でもありますが、当時苦しんだこと、がんばったことなど今も鮮明に覚えています。
 
私には子供が2人いますが、上の子が中学に入学し本格的に勉強がはじまりました。小学校に入学したのがついこの前のように思っていますが、すでに中学生です。逆に考えると同じようについちょっと﨑には大学受験が控えているということです。
 
このブログでは、自分が経験した受験勉強とその当時感じていたこと、今親となって感じていることなどを綴っていきたいと思います。
 
少しでも受験生を抱える方の参考になればと思います。