読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なんかいらない?田舎の公立高校から大阪大学へ

塾なんかに通わなくても大阪大学に合格できる!自分の経験を受験生を持つ保護者の方へ伝えます。

だから塾はいらない

学習法 心構え

ネイティブイングリッシュ

 学校に通い、学年が進んでくると授業の内容が難しくなってきて、だんだんとついて行けなくなる子どもたちが出てきます。
 中学受験を目指している小学校では違うかもしれませんが、一般的な公立の小学校では、分数の計算だったり、ポイントになる時期はあるようですが、同じクラスの中でもばらつきが出ます。
 これが小学校高学年、中学校、高等学校と学年が進み、学習内容が難しくなればなるほど顕著になってきます。
 
 だからこそ、学校の授業が簡単でつまらない生徒はより高度な授業を求めて塾に通い、逆に学校の授業についていけない生徒は補習的な授業を求めて塾に通うという現象が起きていると考えられます。
 
 都市部のように人口が多く、需要(生徒数)が多ければ、生徒の能力に応じたクラス編成も可能になり、能力に応じた授業が受けられるかもしれません。
 しかしながら、地方都市では、ひとつの塾に集まる生徒はそれほど多くなく、教室形式で授業をした場合、かなりの能力のばらつきが生じざるを得ないのが現状です。
 
 このような環境の中で授業を受けたとして、学力は期待をしたような伸びとなるのでしょうか?
 能力が伸びるのは、現在ある位置よりも少しだけ上を目指してがんばったときだと思っています。そして目指した能力に達すればまた次の目標を掲げる。この繰り返しだと思っています。
 
 能力にばらつきがあるクラスで授業を受けたとしても、そのクラスの授業がピンポイントでヒットするレベルの子どもたちを除いては、簡単すぎて学力が伸びないか、あるいは難しすぎてついていけない、ということになります。
 
 このピンポイントのレベルにあった時だけ、ぐんぐんと力がついていくのではないでしょうか? 
 
 しかも、学力を定着させるには、授業を聞いているだけでは足りません。家庭学習により授業で理解したことを定着させる必要があります
 
 「塾に通っているに成績が伸びない」と嘆いている保護者の方、塾にいったら勉強ができるようになる、と幻想を抱いていませんか?
 
 学校で習ったこと、塾で習ったことを、自らの知識として定着するような学習をしない限り成績は伸びません。
 
 結局、塾に通ったとしてもそのあとのフォローが必要になるのです。
 だとすれば、自分に一番あった学習法で勉強することが一番いいと思います。
 
 教室式の学習塾でも、ピンポイントで子どもたちの能力が伸びるレベルの授業をしてくれるならすごく有効であると思います。
 そうでないならば、市販の問題集や通信教育など自らのレベルにあった勉強に時間を割くのが有効だと思うのです。
 市販の問題集もすべて解く必要はありません。わかっていることはとばせばいいんです。自分のレベルにあった問題だけやればいいんです。その上で、わからないことがあれば、昼休みでも放課後でも学校の先生に聞けばいいのです。
 
 実際、私がそうしてきました。これがブログのタイトルにもある「塾なんかいらない」といっている私の考えです。
 この考え方がすべてとは思いません。
 何度も繰り返しになりますが、自分にあった、子どもたちにあった学習法を見つけるのが一番であることには変わりないと思います!
 

ネイティブイングリッシュ