読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾なんかいらない?田舎の公立高校から大阪大学へ

塾なんかに通わなくても大阪大学に合格できる!自分の経験を受験生を持つ保護者の方へ伝えます。

浪人が決定(-_-;) 予備校(進学塾)に行くのか??

 私が現役高校生の時、当時は大学入試センター試験の前身の共通一次試験の後、AB日程制度のもとで第2次試験が行われていました。
 なので、国公立大学でも2校受験できたんです。
 そのかわり受験生が集中する大学もあることから、共通1次試験の成績が悪く、どうがんばっても2次試験で挽回できないと大学側が判断した場合、2次試験の受験資格が剥奪されていました。当時は「足切り」と言っていました。
 
 高校3年当時の学級担任が非常に「先見の明」のある方で、B日程の志望校については共通1次試験の前から「好きなところを受ければいい、ただ、B日程の大学は足切られるぞ!」と言われていましたが、その通りになってしまいました。
 
 結局、本来2校受験できるところが、足切りにより、大阪大学だけの受験となりました。
 
 その大阪大学の受験も失敗しどこにも行くところがなくなりました。
 
 そうです、浪人です。
 
 晴れて浪人生となった訳ですが、1年間どう過ごすか考える必要がありました。
 選択肢としては3つ
 
1.大手予備校へ行く
 田舎には進学塾がないのと同様に大手予備校もありません。翌年大学を目指して予備校に通おうと思えば、大阪などの都市部に一人暮らしをしながら予備校に通わなければならない。
 
2.地元高校の専攻科に行く
 専攻科というのは、あまりなじみのない言葉かもしれません。専攻科というのは本来、高校卒業後、より専門的な知識等を授業するために設置されるものですが、私がいた田舎では、大手予備校がなかったことから、高校4年生的な位置づけで大学進学予備校的な過程が設けられていました。これに通うのがひとつの選択肢です。
 
3.家でひとりで学習
 ひとりで学習計画が立てられ、先生に頼らずに学習するにはこの選択肢になります。
 
 
 
 
メリット
デメリット
大手予備校
・授業が受けられるので生活のリズムが作れる
・受験のための専門的教育が受けられる
・同レベルの学力の仲間(ライバル?)がいる
・親から解放される!
・授業料が高い
・一人暮らしが必要
専攻科
・授業が受けられるので生活のリズムが作れる
・授業料が安い
・自宅から通える
・クラス内の学力レベルの差が大きい
・親の監視下にある(笑)
自宅
・自分の好きなペースでできる
・教えてくれる人が誰もいない
・生活のリズムが作りづらい
・親の監視下にある(笑)
 
 こうみると、大手予備校に行くのがベストかと思います。
 親ともだいぶ話をして、8割方、大阪で一人暮らしをしながら大手予備校に通うということになっていました。
 
 ところで、私には兄が二人おります。実は兄二人とも阪大にいっておりまして、大学の事情や予備校の事情など詳しく教えてもらいました。
 
 兄の意見は
  1.阪大を目指すなら、大手予備校の「阪大コース」ではだめで「京大コース」で頑張らないと意味が無い
  2.一人暮らしをしながら受験勉強をするのは大変だ
  3.結局は、どこで勉強をしようが自分次第
とのことでした。
 
 結局、3つめの「どこで勉強をしようが自分次第」という意見がもっともだということで、大阪にはいかないことにしました。
 
 最終的には、地元高校の専攻科に特待生という形で入学し、1年間お世話になることとなりました。